歯列矯正Q&A of 匠歯科 矯正歯科


歯列矯正の相談・検査・診断は無料です。
☎:082-243-0270 (予約制)
匠歯科 矯正歯科

歯列矯正―よくあるご質問―

Q:歯並びが悪いため歯列矯正を勧められました。治療は必ずしたほうが良いですか?
小児期の受け口(反対咬合)や前歯で食べ物が咬みきれない(開咬)などの今後の発育に悪影響を及ぼす恐れのある場合は、歯列矯正治療をお勧めしますが、基本的には『歯並びが悪い=不健康(病気)』というわけではありません。歯列矯正の一番の目的は、前歯の歯並びを綺麗にすることにより、見た目を美しくすることですので、歯列矯正治療が必ずしも必要なケースはほとんどありません。
Q:歯並びが悪いとどんな問題がありますか?
歯並びが悪いと歯磨きが難しく磨き残しが多くなりやすいので、虫歯や歯周病にかかるリスクが少し高くなりますが、きちんと歯磨きをしていれば歯並びが悪い状態でも特に心配することはありません。
Q:矯正治療はいつ頃から始めるのがよいですか?
治療を開始する時期は、早い方が良いというわけではありません。小学生から中学生がいちばんベストの年齢ですが、矯正装置をつけている期間を最短にできる治療開始時期を見極める必要があります。歯並びやかみ合わせの状態によって治療の開始時期は異なりまので、お子様の歯並びで心配なことがある方は、まずは上下の前歯4本ずつが永久歯に生え変わる8歳頃に、相談に行かれると良いでしょう。
Q:歯列矯正は何歳までできるのでしょうか?
歯列矯正治療に年齢制限はありません。最近では、大人の方でも矯正治療をされている方はたくさんいらっしゃいます。
Q:矯正治療時に痛みはありますか?
歯に矯正装置(ブラケット)をつける時には、痛みは全くありません。個人差はありますが、矯正装置(ブラケット)をつけた3時間後くらいから、歯が浮いたような違和感や咬むと痛いといった症状がでる場合があります。通常、この痛みは約1週間で治まります。これ以降は、装置の違和感はありますが、強い痛みがでることはほとんどありません。
Q:歯並びを治すために、歯を抜くことはありますか?
90%以上は歯を抜かずに歯並びを治すことができます。しかし、やむを得ない場合は1本だけ歯を抜くこともありますが、従来の矯正治療のように4本も歯を抜くことはありません。
Q:歯列矯正治療をする前に、親知らずを抜歯しておいた方がよいですか?
抜歯する必要はありません。成人の方で歯列矯正をされる場合に、親知らずが後ろから歯を押すことにより歯並びを悪くさせることがあるので、歯列矯正治療を始める前に親知らずを抜歯するように言われることがよくあります。しかし、実際には親知らずが歯並びに悪影響を与えることは、ほとんどありません。当院では、1本でも多くの歯を大切にしたいと考え、抜く必要のない歯は抜かないように心掛けています。
Q:治療期間はどのくらいですか?
矯正装置(ブラケット)をつけている期間は、症例により個人差はありますがおおよそ1年を目安としています。その後は、矯正装置は外し後戻り防止のための保定期間(1~2年)に入ります。
Q:どのくらいの間隔で通院することになりますか?
矯正装置(ブラケット)をつけて最初は、2週間後に診させて頂きます。その後は、1ヵ月に一度です。保定期間に入りましたら、半年に一度くらいのペースで通院して頂き、後戻りがないか検診させていただきます。
Q:差し歯や神経のない歯があっても治療はできますか?
問題なく矯正治療は可能です。ただし、差し歯に関しては、矯正治療終了後に作り直さなければいけない場合もあります。
Q:矯正治療中に食べてはいけないものはありますか?
基本的に食べてはいけないものはありません。ただし、りんごやお肉などの硬いモノをまるかじりしてしまうと、装置が外れたりすることがあるので、硬いモノを食べる時は、小さく切って食べるなど少し注意が必要です。また、ワイヤーをとめる透明なゴムは、カレーやミートソース、コーヒーなどで着色しやすいので気になる方はお控えください。
Q:矯正装置をつけたら、どんなことに気をつけたらよいですか?
とにもかくにも歯磨きを頑張ってください。とくに、矯正装置のまわりは磨き残しが多くなりやすいので丁寧に磨いてください。
Q:矯正治療費の支払い方法には、どのようなものがありますか?
クレジットカードによるお支払いには対応しておりませんので、お支払いは現金のみとなります。一括でお支払い頂いても、分割でお支払い頂いても構いません。患者様に合ったお支払い方法をお選び頂けます。
分割でお支払い頂いても金利がつくことはございません。

Q&Aの最終更新日 : 2019-11-25